栃木県足利市の中小企業を中心に、5S実践活動をしています。

  第9回 整列と整頓②

◆頓の意味

やっと整頓まできました。頓という字は、風邪薬の「頓服」、一休さん「頓智」、物がうま
く行く様子を「頓々拍子」、行かないさまを「頓挫」…などというところで使われています。
その意味は、“すぐに” ということです。既に何度か述べてきましたが、整頓はモノがすぐに
取り出せること、そしてそのためには置いてある場所が決まっていることが必要になります。
ところで「5S3定」という言葉があります。筆者はこの3定(定品・定量・定置)は整頓
そのものだと思っています。ところが5S3定と表現すると、3定(整頓)が特に重要だと
判断されて、整理や初期清掃の前に整頓を行おうとする5Sになりがちです。すると、要ら
ないものまでも3定にかけることになり、不要なモノが一番使いやすい場所に鎮座していた
り、邪魔なモノのためにすぐとれる位置が確保できなかったりすることが生じます。すると、
やらされた方たちは不便さをモロに感じるわけですから、5S…この場合は3定…に身が入ら
なくなる心配がでてきます。

次ページ:変化の時代の整頓

Pages: 1 2 3

掲載記事のご紹介

投稿アーカイブ

  • 2017
  • 2016
  • 2015
PAGETOP
Copyright © きむら5S実践舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.