栃木県足利市の中小企業を中心に、5S実践活動をしています。

  第3回 4Sの目的を考えてみよう

 

先月号で、4Sから得られるたくさんの効果を確認しました。この中には、多くの4Sで唱えて
いる“儲かる”という言葉が入っていません。これは、意図的に筆者が抜いているからです。そん
な大事なことを、と思う方もいるかと思いますが、4S、または人々が働くための本当の目的を
見誤らないために、あえて外してあるのです。

さて、皆さんは何のために働いていますか? と問われて、ただちに「こうです」と答えられる
自信がありますか。私の周囲には中小零細企業の人たちが多いので、そんなことを考えている余
裕のある人は本当に少数です。もっとも、30年間在籍した大企業の周囲にも数えるほどしかいま
せんでした。これでは、身を入れて働くのは無理だと言えるかもしれません。少々、辛口になり
ましたが、決して難しいことではないので、今月はこの辺の整理をしてみたいと思います。この
ことが理解できると、これからの4S、ひいては仕事の取り組み方にきっと役立つものと思いま
す。それでは、筆者が唱えている4Sの目的あるいは目的もどき(4番目が目的らしくないので、
もどき、としました)というものを述べていきます。

図の左の枠の中の4つがそれです。この目的で3S+1Sをやっていくと、安全性・品質・生産性…
など、2月号に述べた多くの効果に結びつき、結果として儲かることになります。従って、これ
も結果として会社のためになり、さらにその結果として皆さん個人に会社から何がしかのものが
返ってくることになります。この関係を図の右枠に表してみました。

 4S

次ページ:

Pages: 1 2

掲載記事のご紹介

PAGETOP
Copyright © きむら5S実践舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.