栃木県足利市の中小企業を中心に、5S実践活動をしています。

  第6回 知っていてもムダは生じる

_
前号は知らないことからのムダの発生を考えてみたので、今月は知っていてもムダは生じること
について述べてみたい。

学校教育の弊害の問題

学校教育の弊害は多くの方が気になっている問題であろう。筆者なりにその内容を考えてみると、
学校でのテストのコツは、すでに解があって、その解に至るプロセスのみをトレースしたり、ある
いは問題からただちに解を暗記するということにあるようである。もちろん、この他にもたくさん
の問題点があるようだが、最も心配されるのはこの ”考えずに知る” ことであろう。まさに、”問題
&解” をたくさん知っている者が成績優秀となる。

これは、小・中・高とほぼオール3の筆者のひがみだけではなさそうである。したがって、この、
“問題&解” から外れると途端に何を答えて良いのかわからなくなり、応用が効かなくなるのである。
そしてこの経験は、社会に出てからもずっと消えずに引き継がれることが多い。

次ページ:知っていることがムダを生じることがある

Pages: 1 2 3 4

掲載記事のご紹介

PAGETOP
Copyright © きむら5S実践舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.