さる7月21日に、東大阪市の東大阪商工会議所内にある東大阪青年経営研究会さま主催の7月例会に、「誰でもできる効果確実な5Sの話し」というテーマで講演を依頼されて行って来ました。通常月の倍以上の60名を超える人が集まり、会場はいっぱいになりました。
この例会は、株式会社ベルさま、ユタ二工業株式会社さま、株式会社タナカファクトリーさまが中心になって設立した大阪3S実践会の実質上のスタート式になります。今年の始めに3社の社長さまと、実践舎の鈴木浩也がちょっとしたことでお会いして足利5Sを知っていただき、その分かりやすさと確実さをすぐに理解していただきました。その後、当方から東大阪に出向いて実践の仕方を確認していただいたり、足利へ来て実践工場を見て貰ったり、街づくりにも発展していることを目と肌で感じていただきました。そのプロセスを経て今回の訪問となったわけです。会場の雰囲気から、皆さんに今までの3Sとは違ったものを感じていただけたようです。
そしていよいよ、来週から上記3社の実践指導に入りますが、その実践によって1社でも多くの人に3Sの本質を知っていただき、足利に続く街づくりにまで発展して行く事を期待しています。