NPO法人長岡産業活性化協会NAZEの会員の代表13社と事務局の、総勢16名の方々が7月11、12日と、5Sの街・足利の5S実践企業の視察に来られました。この視察では足利の5S活動を代表する企業の2社(足利印刷・菊池歯車)を見学されました。また、1日目の夕食会は相洲楼さまで、2日目のお昼は観光も兼ねてあしかがフラワーパークさまで摂りました。ともに5S活動をしている現場であることを伝えると驚いていましたが、足利5Sは製造業のみならず、さまざまな業種業態に導入していることを直に知ってもらう良い機会になりました。その後、史跡 足利学校を見学して長岡市へ戻られました。

DSC03767

足利印刷(株)

IMG_1038

菊池歯車(株)

今回の縁は3年前に、当舎の鈴木浩也が長岡市の出身なのですが、名古屋でふと立ち寄った展示会に同郷のブースがあり、懐かしく思って声をかけたことから始まりました。その後、鈴木と木村が長岡に出向いて足利の5Sの状況を説明し、それを受けて昨年にはNPO法人数名の方が足利5Sを視察に来られました。既に長岡市で進めている活動に、足利市で行っている街をあげての5S事業が参考になるのではとのその時の感触から今回の見学会が実現しました。そして、来る8月には、弊舎が長岡市に招かれ、もっと多くの企業に知っていただく機会として足利流5Sの講演が予定されています。

DSC03564-R

相洲楼

このように10年以上も続いている5Sの街・足利の活動は、足利市内の方たちだけに留まらず、年間数百社に及ぶたくさんの人に足利市へ足を運んでいただいております。この視察によって、足利5Sの骨子、①働く人たちのために、②真理を追究する、の考え方が少しでも長岡市の企業の活性化に繋がってお役に立てたら幸いです。さらに、もっと広く長岡市以外の方たちにも知っていただき、かつての足利学校のように国づくりならぬ企業づくり・事業体づくりの参考にしていただければ尚幸いです。

DSC04098

あしかがフラワーパーク