DSC03850

熱心に質問をする見学者

去る6月20日から2日間かけて、東大阪市の3社8名の方々が、足利5S実践企業の2社の視察に訪れました。
今年初めに関西IE協会の主催で行われた「関西5S大会」に足利5Sの先駆けとなった石井機械製作所さまが5S事例発表の一コマに招かれたのですが、当実践舎も同行しておりました。そのときに、他の5Sとは異なる足利流5Sに大変興味をもたれて、実践舎の設けた足利5Sの紹介コーナーにお寄りいただき、その縁をきっかけにして、この視察が実現となりました。東大阪市を中心とする中小企業の数十社でグループを組んで種々の活動を推進をしている企業さまですが、その中の3社 (株)ベル、(株)タナカファクトリー、ユタニ工業(株)の社長さまと担当者さまに、導入に向けて足を運んでいただきました。今回は、足利5Sを代表する企業でもある足利印刷(株)と菊池歯車(株)を見学していただきました。いずれの訪問先も足利5Sに取り組んで10年以上経ちますが、工場から事務所まで、継続して整理が行き届きスッキリしている様子を実際に見て、驚かれていました。

IMG_1046

菊池歯車(株)

足利印刷(株)

印刷業であっても金属加工業であっても、一般的に思われているイメージとは全く異なる働く環境になっていることを実感していただけたようです。このような視察が色々なルートから他にも何例もありますが、これらの積み重ねが、足利流5S活動が市外へ広がりを見せる一因にもなっています。3社の皆さんには導入に向けて、期待が確信に変わったことを感じます。今後、当実践舎が活動をサポートする予定です。

後日、(株)ベル 奥社長から返信をいただきました。

過日は、大変お世話になりました。
お心遣いを沢山いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
企業訪問では、多くの気づきがあり、同行したものも考え方に共感し、シンプルでわかりやすいと絶賛してました。
きむら5S実践舎のご指導のレベルがいかに高いかを、感じさせていただきました。
今後の活動が、楽しみです。