掲載が遅れましたが、3月29日(火)に足利5S学校のネットワーク
工場見学会がIMG_2614 邑楽町の㈲五月女鉄工さまと㈲川島精機さまで行われました。邑楽町の5S活動は 2003年頃に、右の写真の栗田侑幸氏が経営相談員として商工会に赴任したことがきっかけです。栗田氏は1年ほどかけて町内の企業を回り続けましたが、世の中で考えられている経営手法は中小零細企業には合わないと判断し、代わりに、ここでは5Sだ!と直感したそうです。そこで、以前からの知己である木村に連絡がありました。早速、やりたいという企業4社を選び、栗田氏と私の二人の指導で活動がスタートしました。川島精機さまはそのうちの1社です。当時を振り返るとスタート時は、注文に応じて納期を守るのが仕事だというスタイルでした。だから工場の中は切粉だらけ、その中に加工完成品が混ざっているという状況でした。従って、在庫の管理は無いに等しいと思われるほどでした。
川島社長の理解度は素晴らしく早くて、整理・清掃はもちろん、整頓のためのイレクターも瞬く間に工場を埋めて行きました。先が見えたので3年ほどで私は指導を離れて、後は栗田氏がずっとサポートをしていますが、私としては久しぶりの工場見学です。

IMG_2633

(有)川島精機さま

IMG_2628

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2616

(有)五月女鉄工さま

五月女鉄工さまの5Sは私が邑楽町楽町を離れる頃に、栗田氏がスタートさせたものです。五月女鉄工さまでは、それ以前にも何度か5Sに挑戦しては後戻りしていました。また5Sですか!と言うのを栗田氏が説得して再スタートさせました。以後、10年近くなりますが少しずつでも確実に進んで来たので、久しぶりの工場見学では余分なものがないとてもスリムな工場になっていました。2社とも、写真を見ていただければその様子はご理解いただけるものと思います。

IMG_2619

感想ですが、2社ともこの先は整頓という観点から5Sを攻めたら、さらに進展が図れるものと思います。

㈲川島精機  機械加工部品製作  従業員8名
多品種単能機対応に力を入れています
㈲五月女鉄工 金型、治工具、専用機など  従業員14人
小型部品から大型専用機にわたる精密部品まで幅広く対応