sou_a既に取り上げて来ましたが、今回は、昨年11月から今年3月まで行われたインストラクター養成教育について述べてみます。まず、この教育の位置付けですが、5Sを推進する事業体のリーダー格を養成するのが目的であり、この教育の考え方が足利5S学校の中心を成すものです。足利学校の精神を尊重して自学・自習、市外からの参加も受け入れる…ということを念頭に置いていますが、将来的に許されるならば足利学校へ全国各地から学徒が集まったように、全国から5S=マネジメントを学びに来ていただければいいなと思っています。夢みたいな勝手な話ですが…。
既に6期まで、90名の研修生に修了していただきましたが、人選して送りだした事業体からはそれなりの評価をいただいておりますし、90名全部という訳にはいきませんが、姿勢・考え方が変わった方がほとんどです。その内容は、積極的になった、自分で考えるようになっIMG_2361た、指導する経験をすることによって受け身の姿勢から能動的な姿勢の大事さを知った、などという現在の学校教育や社員教育で欠けていると思われる部分が身につくようです。
「この教育で認定されて」すぐ指導が出来るようになるという勘違いをする方がいるので断っておきますが、半年の研修でおこがましくも認定などとても出来ませんし、1地方の機関(足利5S学校)の認定など、まったく意味がありません。にもかかわらず研修者の周りの少なからぬ人たちが勘違いして、修了すればすぐに社内の活動を十二分にやってくれるのだと無責任な評価をします。半年12回の講習でそんなに簡単にリーダーが養成できれば日本中がすぐ良くなるでしょう。ここにも今の社会の安直さが垣間見えます。半年12日12回のレクチャーでは、まずは指導の最前線の端緒に立てたこと、そして歩きだし、歩きながら遭遇する問題を解決することによって指導者になって行くための資質を得たということにすぎません。が、この歩きながら知識を吸収し問題解決に当たるという姿勢が、今のハゥトゥ中心の社会にあっては貴重なのです。そしてまさに、これを意図的に教えるのが足利5S学校なのです。一人でも多くの理解者が増えることを願って止みません。
尚、今回の研修生を送りだしてくれた企業と、実習現場を提供してくれた企業は以下の通りです。

研修生の所属企業
アキレス株式会社        足利市
三立工業株式会社        佐野市
両毛丸善株式会社        足利市
東日本三菱自動車販売株式会社  福島市 新潟市
株式会社開倫塾         足利市
東京フォーミング        足利市
足利市観光協会         足利市
中島電機工業          足利市
ムロオカ産業株式会社      足利市
株式会社足利フラワーリゾート  足利市
カルソニックカンセイ株式会社  館林市 宇都宮市
オグラ金属株式会社       足利市
個人参加            館林市

実践研修職場提供企業
株式会社まるほ食品       足利市
丸信金属工業株式会社      足利市
株式会社武田マシンサービス   足利市
有限会社興和工業        佐野市
有限会社関田園芸        足利市
株式会社栃木三池        足利市
株式会社相洲楼         足利市
株式会社イシカワ        足利市

参考までに、実習後の結果の一部を紹介致します。

株式会社まるほ食品 余分な掃除用具を整理し必要な用具のみとし、整列をした。
maru_b  

 

arrow038_04

maru_a
丸信金属工業株式会社 作業台の周囲を整理して作業性を良くした。見える化、環境美化につながった。
msin_b  

 

arrow038_04

msin_a
株式会社武田マシンサービス 整理・整列を行った。探すムダがなくなり在庫量も見えてきた。
take_b  

 

arrow038_04

take_a
有限会社興和工業 整理をしたらひろいスペースが表れた。
kou_b  

 

arrow038_04

kou_a
有限会社関田園芸 レイアウトを変えてお客さまとお花の対面ができるようにしたら、売上げアップにつながった。
seki_b  

 

arrow038_04

seki_a
株式会社栃木三池 扉も外して見える化を図った。乱れが見えるようになった。
toch_b  

 

arrow038_04

toch_a
株式会社相洲楼 待合い室の整理・整列を行ったら、皆さんが自然に集まるようになった。
sou_b  

 

arrow038_04

sou_a
株式会社イシカワ すのこから台車に変えて移動を楽にした。
ishi_b  

 

arrow038_04

ishi_a