IMG_2964IMG_5213


2015年10月29日に全国産業安全衛生名古屋大会で発表した近藤雪乃さんの事例発表を聴講して来ました。近藤さんは愛知県刈谷市にあるサンエイ㈱さまの安全衛生推進部に所属している入社3年のはつらつウーマンです。
2012年の富山大会で、上司の山本氏が木村の講演を聴講し、翌年になって間もなく木村に連絡があり早速、来足をいただきました。それがサンエイ㈱さまの5Sのスタートです。サンエイさまの特徴は安全衛生推進部がまず自職場を手掛けてやり方を確認し、それから全社に展開を図ったことです。半年強の期間に安全衛生推進部の持ち場のモノは80%捨てられたというから、その徹底ぶりは見事でした。そしてもう1つ、トップが率先して現場に出向き、5Sの指導に当たっていることです。その時に、現場に期限を要求しない、指導する側は聞き役に回る…などの足利5Sと同じコンセブトで回っているとの事です。

安全衛生推進部のみなさんは、明るくニコニコ、それこそ楽しそうに張り切って仕事に励んでいます。近藤さんもそのような雰囲気に水を得た魚のように跳ね回っています。5Sに携わってからわずか2年ですが、今は、現場に出て写真のような指導をしています。改善をアドバイスしたり、要請があれば一緒に実践したり、また、聞き役に回る場合も多々あるのですよ…と教えていただきました。今、日本中を飛び回っています。
発表の直前にお会いした時には、胸がどきどきしていまーす、などと言っていましたが、そのどきどきはひたむきさにあふれた発表姿勢に変わっていました。ちょうど良い緊張感だったのでしょうね。
楽しく、明るく、どんどん現場に出て、しゃべりすぎずに適宜に話す、そして聞く、現場の方たちも近藤さんが来るのを楽しみにしているとのことです。多くの聴講者が感激していましたが、会社の中だけではもったいないので、一人でも多くの方に近藤さんのハッピー5Sを知っていただきたいと思って投稿させていただきました。